Vingroupは国際複合グループになることを目指す

  • 2018年08月25日(土) 21:09
  • (サイゴン・エコノミック・タイムズ・オンライン) -ハノイで8月21日にVingroup Groupは、ベトナムの50以上のトップ大学と協力合意書を締結しました;同時に世界クラスの技術産業サービスグループになるというオリエンテーションを実施しました。

     

    締結した合意書によれば、Vingroupグループと各大学は次の内容について協力する:科学技術研究プロジェクトを支援すること; 教授、研究者、大学生間の経験交流; 知識の教授と共有。Vingroupは、それらの大学に対して今後10年間にIT分野の卒業生を約10万人ぐらい受け入れると言う約束でトレーニングの拡大・強化を提議しました。

    署名式典では、Vingroupは2028年までに世界クラスの技術・産業・サービスグループ(技術が主な割合を占める)になるという目標で技術・産業分野を重点とする投資戦略を正式に発表しました。

    この目標を達成するために、Vingroupは多くの特定のソリューションを構築しました。

    品質の改善と向上を目指し営業効果の促進を図ります。 特に2つの新しいセグメントは財務の支援という役割を果 たすだけでなく、技術・産業製品の研究と商業化を支援 する重要なエコシステムです。 産業セグメントでは、販売促進に力を入れ、自動車の生 産及びスマート家電製品の販売。製造と同時に工業製品 を世界市場へと輸出。今年末にはスマホとスマートテレ ビを発売予定です。 技術セグメントでは、強力な投資を推進するために多く の主要分野を確定しました。まずはVinsmart会社から離 れVintech会社を設立し、ソフトウェア生産を開発する ための人的資源管理と基礎的インフラ設備に投資をする ことです。VinTech は、人工知能(AI)の研究、ソフトウェア制作、次代材料の研究開発に注力します。 Vingroupは、大規模なデータ研究所とVin Hi-Techハイテク研究所(VHT)を設立した。

    第2のポイントは、ハノイにて研究、開発、先端技術応用センターVinTech Cityをシリコンバレーのモデル通り投資することに主力します。VinTech Cityの目標は、シリコンバレーのように完全なエコシステムを構築し情報技術のスタートアップ企業にサービスを提供することです(オフィス、宿泊施設、及びスタートアップサポートのサービス会社を含む)。

    第3のポイントは、協力の機会を見つけ、またグローバル規模で適用性の高い技術・人工知能プロジェクトを開発する目的で技術投資基金を設立することです 。Vingroupのパートナーは、経済サポートの他、Vingroupのエコシステムを使用して実験を行い、製品を商業化することができます。

    さらに、VinTechは、国内の教師や大学生の研究プロジェクトを支援するために技術科学&応用研究支援基金を設立しました。この基金は、科学技術の研究及び実験の動きを促進し、卒業生の能力向上に貢献することが期待されています。また、国内産業・技術の発展を促進するために国家イノベーション・創造センターやベトナムイノベーション・創造ネットワークにも支援します。

    Vingroupは大規模データ研究所とハイテク研究所の設立を発表しました。

    このイベントで、Vingroupの副会長兼ゼネラルマネージャであるNguyen Viet Quang氏は、次のように強調しました:「25年以上の投資と蓄積過程の後、Vingroupは全ての条件を持って、技術・産業に参入するための準備ができました。上記2つのセグメントへの強い投資は、Vingroupが新たなレベルへと発展するのを助けるだけでなく、技術・産業の生態系を創造することにも貢献しました。その上、世界の技術・産業の地図上にベトナムの位置を高めることに貢献しました。我々はそれを ミッションと考え、またこの願望を実現するために全力を尽くします」

    財務力、国際的威信、展開能力、多様な生態系の利点を生かして、Vingroupは将来、技術・産業・サービスグループになるた めに必要かつ十分な条件を満たしています。