進出手続き

  • 2018年08月08日(水) 16:09
  • Vietnam Grooveは、株式会社グルーヴとの合弁会社であるベトナムのトップの投資コンサルタント会社です。プロジェクト投資コンサルタントで16年以上の経験を持ち、国際ビジョンと合わせて民間企業から個人投資家に至るまで、クライアントに大きな利益をもたらすことを約束します。 これまでの成功した取引から得られた 豊富な経験、専門的な知識や技術、経験と合わせて、最もインテリジェントな投資戦略を提供します。

    経験豊富なコンサルタントのチームに弁護士がいることや、また専門家は国内外の投資コンサルティング分野に深い知識を持っています。これにより、私たちはクライアントに以下のようなプロフェッショナルサービスを提供することができます:

    1. ビジネスセクター、ベトナムへの投資に関連する法的規制および法的手続きを参照
    2. 会社設立のための法規制や手続きを参照して、投資登録証明書、企業登録証明書、ビジネスライセンス、子供ライセンス申請・取得の業務委託
    3. ベトナムに設立された会社の資本拠出、株式購入、出資の形でベトナムに投資するクライアントへの助言
    4. 契約、税金、ベトナムの労働者、ベトナムで働く外国人、知的財産、 フランチャイズ などの解決への助言

    ベトナムで投資活動を行うためには、外国人投資家は以下のStepをする行っていただく必要があります。

    Step1:投資の変更を申請する手続き

    - 投資法第30条、第31.32条の規定によれば、国会、首相、地方人民委員会の投資ガイドラインを申請しなければならない投資案件については、 2014年投資法第33条、第34条および第35条に規定された命令および手続きに従い、管轄機関の権限に従って投資方針の手順を実行する。

    - 2014年投資法第30条、第31条、第32条に該当しない場合には、投資家は決定の手続きを行う必要はありません。

    したがって、投資家がベトナムで投資プロジェクトを実施したい場合、まず考慮すべき点は、投資プロジェクトが国会の政策、首相、地方人民委員会です。投資計画の決定を申請する必要がある投資プロジェクトの場合は、法律の規定に従って政策決定を申請する必要があります。

    Step2:投資登録の手続き

    2014年投資法第36条第1項と第2項によれば、投資登録証の発行に関する規定は次のとおりです。

    1。投資登録証を付与する手続きが必要な場合

    a )外国投資家の投資プロジェクト。

    b)2014年投資法第23条第1項に規定する経済団体の投資プロジェクト。

    2。投資登録証を付与する手続きが不要な場合

    a )国内投資家の投資プロジェクト。

    b)2014年投資法第23条第2項に定める経済団体の投資プロジェクト。

    c)経済団体の資本拠出、株式購入または資本拠出の形での投資。

    投資登録証明書の交付のための注文と手続き

    1。投資登録機関は、2014年投資法第30条、第31条、第32条に基づく投資政策の対象となる投資プロジェクトについては、投資登録証を投資家に付与するものとする。投資方針の決定を受けた日から5営業日以内。

    2。投資家は、2014年投資法第30条、第31条、第32条の下で投資政策の対象外となる投資案件については、法令に基づき投資登録証を付与する手続を次のようにします。

    a)投資家は、投資登録機関に対し、2014年投資法第33条第1項の規定に基づき申請書を提出する。

    b)完全登録証を受領してから15日以内に、投資登録機関は投資登録証明書を交付する。拒絶の場合、投資家は書面で投資家に通知し、理由を明確に述べなければなりません。

    投資証明書を付与、調整、撤回する能力

    1。 工業団地、輸出加工区、ハイテクパーク、経済区の管理委員会は、工業団地や輸出加工区の投資プロジェクトの投資登録証書を受領、授与、調整、撤回する。

    2。 企画投資省は、工業団地、輸出加工区、ハイテクパーク、経済圏外の投資プロジェクトの投資登録証書を受領、授与、調整、撤回する。

    投資証明書の申請。

    1. 投資証明書申請書(設定された書式に従う)。
    2. 投資家の地位を証明する書類:設立の決定書、事業登記証明書または同乗者相当の書類、会社所有者の憲章または同等の文書投資家が法人の場合)またはパスポート/身分証明書(個人投資家)
    3. 監査された財務諸表(投資家が法人である場合)。銀行口座残高を確認する(投資家が個人または新しく設立された法人の場合)。
    4. 本店の住所およびプロジェクトの場所に関する法的書類:公証人の契約書の有効なコピーまたは投資家が法的にオフィスを使用する権利があることを証明する書類。
    5. ビジネス登録分野(卒業証書/証明書/実務経験)の分野における会社の投資家とマネージャーの能力/経験を証明する文書
    6. 取締役(一般取締役)および/またはその他の者の証明書の有効なコピー。

    留意すべき点 は、外国機関の書類の場合、上記の書類は領事館の認証(申請日より3ヶ月以内に領事館の認証)でなければなりません。

    Step3:企業登録手続き

    投資登録手続きが完了した後、投資プロジェクトの内容がベトナムに企業を設立することであれば、投資家は企業法2014に従って企業登録手続を実施しなければならずない。

    確立できるビジネスのタイプ:

    1. 有限責任会社は、1人の投資家が資本参加者であり、投資家が会社の所有者である場合、
    2. 2人以上の投資家から2人以上のメンバー。共同株式会社には3人以上の投資家がいなければなりません。

    企業登録の順序は、企業法2014の第27条に定義されています

    1. 企業の創設者またはこの法律で規定されている企業登録書類を事業登記機関に提出する権限を有する者。
    2. 事業登記庁は、企業登録簿の有効性を検討し、登録証を受領してから3営業日以内に企業登録証明書を発行しなければならない。企業登録証明書の授与を拒否した場合、その企業は企業の創設者に書面でその旨を通知しなければならない。この通知には、書類を修正し補足する理由と要件を明確に述べなければならない。

    ビジネス登録用ファイル

    企業の種類によって、ファイルの構成は、エンタープライズ登録に関するDecree No. 78/2015 / ND-CPの第22条および第23条に規定されています。

    注:お客様に提供された上記ベトナムグルーヴの相談の内容は、参照用です。すべての詳細は、当社の弁護士、コンサルタントお問い合わせください。