高級アパートからの驚き

  • 2018年08月08日(水)
  • 高級アパートからの驚き

    不動産市場は2018年5月中旬以降一般的に静かになりましたが、高い価格にもかかわらず、第1区と第2区の豪華なアパートプロジェクトは反対方向に進んでいます。

    高い価格なのによく売れる

    6月末と7月初旬には、第2区の2つのハイエンドアパートが連続的に市場に出ました。価格は70〜150 000 000VND/m2まで提供されましたが、これらの2つのプロジェクトは依然として予約顧客割合が非常に高いです。7月末までに、引き続いて、1区のゴールデンランドにある豪華なアパートプロジェクトが出場して参考価格は200 000 000VND/m2までとなっています。営業の業界によれば、事業主がコミットした絶好位置及び添付のユーティリティで、この価格は市場投入時には許容できると語りました。

    高級で豪華なマンションは、依然として投資家から大きな注目を受けていて不動産市場のまれなハイライトです。不動産企業は、この段階のアパートの消費はかなり良くて、主なお客様はリースのため、投資のため購入する者、及び海外顧客グループです。しかし、この状況は 位置・事業主の威信・ユーティリティーに対する一定のアドバンテージを有する一部のプロジェクトにのみ発生しています。

    DKRAの第2四半期の市場分析報告によると、Aクラスアパートは、提供されるアパート全体の大部分を占めていて、主に東部地区に集中しています。具体的には、2018年第2四半期には、18のプロジェクト(10の新規プロジェクトと次のフェーズの8つのプロジェクトを含む)が提供され、約9302軒のアパートを市場に供給して、前の四半期の87%に相当しています。消費済の量は約7302軒であり、当四半期の新規提供数量の81%を占めています。

    特に、Aクラスのアパートは41%で、市場全体の提供量の一番位置を占めています。消費量については、Aクラスアパートは引き続き88%(3244軒に相当)という印象的な販売率を示しています。

    以前の提供量低下の勧告にもかかわらず、Aクラスアパートの強い成長の原因について、DKRAの研究開発担当ディレクターのNguyễn Hoàng氏は、これらのプロジェクトのほとんどは、市場がまだ活発であった2月上旬に出場したと語りました。第2四半期の後半以降、Aクラスアパートの供給が減少しました。最近出場して、依然として投資家から大きな注目を集めたAクラス及び高級なクラスのアパートプロジェクトについては、それぞれに特別な点が多くあると語りました。「それらのプロジェクトは絶好の位置を有して、有名な事業主によって開発され、販売準備プロセスが徹底されたプロジェクトです」とNguyen Hoang氏は述べました。

    外国の要素の影響

    国内投資家は、インフラが整備されている絶好な位置にハイエンド及び高級アパートプロジェクトに信任する他に、海外の要素もこのセグメントの成長勢いに積極的に貢献した。特に、有名な外国人投資家はプロジェクト開発に携わっていること、または多くの外国人は生活や投資のため家を購入することも積極的に市場を支えてきました。

    Savills ベトナム会社の投資マネージャーのSử Ngọc Khương氏によって、最近の一年以上、外国人がベトナムでの住宅を購入することが多くなりました。これは今後の傾向であり、ホーチミン市を含む大都市のハイエンドのアパートプロジェクトの消費量を促進する。生活のため購入する理由に加えて、多くの外国人投資家と投資用のアパート購入を目指している。

    「ベトナムの住宅価格は、タイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、韓国、香港などアジア地域の国家の大都市中心にある住宅価格よりもはるかに低いですので、外国人投資家は、近い将来ベトナムとホーチミン市の経済成長がこの地域の不動産価格をアジア地域不動産の価格の近くに引き上げると期待しています」とKhương氏は分析しました。

    一方、Jones Lang LaSalle 不動産コンサルティング会社(JLL)の認定によっては、ベトナムは投資優遇政策、安定政治と早い経済成長のおかげで、多くの外国企業にとって魅力的な目的地となってきました。最初の6ヶ月に、売買&合併の市場(M&A)では、ハウジング、商業および工業不動産セグメントに属する一連の取引で活発が続いています。強い財務力と豊富な経験を有する外国人投資家と、市場に土地を保有し、国家機関と密接な関係を有する地方企業コミュニティ間の合弁形式がますますポピュラーとなっています。これらの投資家は、日本、韓国、シンガポール、中国など多くの国から来ています。

    前の四半期に注目された取引は次の通りいくつあります:Nomura Real Estate Development (日本)は、オフィスビル「Sun Wah」(Nguyen Hue、第1区)を買収した;CapitaLandグループ(シンガポール)の子会社(CVH Nereus Pte.Ltd)は 約685 000 000 000VNDの価値に相当するHien Duc Tay Ho株式会社の定款資金の99.5%を占める16 900 000株を買収しました;Frasers Property(Singapore)は、Tran Thai 有限会社と契約を締結して、Phu An Khang不動産株式会社の定款資本の75%を占める24 000 000株を買い取りました。

    市場の全体絵は全ての資産タイプに成長期待を示しています。ホテルのセグメントは、過去1年間に外国投資ファンドから特別的に注目され、非常に活気がありました。JLLはこの傾向が将来も続くと予測し、工業や教育などの他の発展途上分野にも広がっています。

    また、一般住宅市場は、中産階級の大きな需要のおかげで特別な資本を強く集めています。現在および将来の外国人投資家は、必要な条件と利益条件を満たすことができる「クリーン」および「クリア」プロジェクトを積極的に探しています。JLLは、同地域の投資家からのベトナムへの強い注目のために、2018年にM&A活動が新しい記録を設定すると期待しています。