不動産ニュース

  • 2018年08月08日(水) 15:31
  •  

    ベトナムの不動産ニュース

    - ベトナムの不動産の循環変動の評価によれば、現在の2018年は現在の経済成長率で6.8%の成長と安定性にある。実際、人の需要が高いことから、国は外国人投資家のベトナムへの入国を支援し、奨励している。

    - 価格レベルはまた、ベトナムの外国人投資家にとっても魅力的です。シンガポールの平均住宅価格は$ 3,800 / m2、タイでは$ 20,500 / m2、$ 8,200 / m2です。だから、ベトナムの中規模の家を所有するのではなく、シンガポールの社会住宅だけを購入するのと同じ金額で。香港と中国と比較して、HCMCの不動産価格は14%低く、18%低くなっています。

    - 10年前、浦東のようなベトナムのホーチミン市に拠点を置くベトナムの不動産会社のディレクター、Chen Lian Pang氏によると、インフラ:空港、地下鉄システム、...土地の価格は今後10年間で4-5倍になるでしょう。ベトナムが政治的に安定した国であるという利点がある場合、投資家の投資資金は常に保存され、増加する。

    - ホーチミン市は2018年の初め以来、開発の機会が増えているが、首相は「ホーチミン市の建設計画の調整を2030年に、ビジョンを2050年に」承認し、ホーチミン市が核都市である小地域。計画によると、ホーチミン市と7つの周辺地域の全域は、Ba Ria - Vung Tau、Binh Duong、Binh Phuoc、Tay Ninh、Long An、Dong Nai、Tien Giangです。

    - 2018年現在、ベトナムは9560万人であり、ホーチミン市だけでも人口は830万人で、総人口は1300万人増加しています。これらのうち、23.46%は住宅がないため、住宅需要は非常に高く、必要である:

    最近の四半期の取引量:

     

     

    そのうち、外国人が占める割合が大きい